医薬品としてのαリポ酸についてですが、αリポ酸は疲労回復効果がある、運動をする際にいい、ダイエットの効果がある、糖尿病にもいいなどいろいろな効果があるとされています。そして医薬品にもなっています。αリポ酸は、人間の細胞の中のミトコンドリアの中にあって、生体エネルギーを生成する際に必要な補酵素です。もともと体の中にある成分ではありますが、これがなければ体は動きません。こうした栄養素はほかにもあってビタミンも同じように必要です。

エネルギーを体の中で作っているのはクエン酸サイクルと呼ばれるところで、そしてブドウ糖の消費量をあげることができるので、ダイエット効果も高いのが特徴です。また活性酸素に対しても働きかける作用があるためにアンチエイジングの効果も期待されています。医薬品の場合にはチオクト酸という名前になります。激しい肉体疲労の際のリポ酸の需要が増えたときに使われています。使用する際は注意点が書かれています。例えば効果が無かった場合には長期間使わないでくださいと書かれていますので、それがまもりましょう。インスリン自己免疫症候群になることもあるようで、突然低血糖発作が起きる可能性があるので注意しましょう。