副作用ってあるの?

| 未分類 |

健康食品の摂取は日ごろの食事で取り切れない栄養を摂取するための目的として用いることが多いでしょう。
よく、薬にはリスクがあると言われます。
薬は体の疾病を治すため用いる薬剤で化学成分による薬品と漢方などの主に植物などの生薬による薬品があります。
化学薬品には強制的に体を治癒に向かわせる作用があり、短期で効果を現し、生薬である漢方薬の場合、即効性はないにせよ体質の改善を図り、再び病気になりにくい体質になるとのニュアンスが高いです。
確かに漢方薬は体に優しいというニュアンスもありますが、漢方薬にも副作用が存在します。
体質改善や健康促進、免疫力強化の側面から健康食品を摂取する人が増えました。
健康食品は化学薬品に含まれる成分が含有されず、安全性が高い健康面に配慮したサプリメントとして利用されることがあります。
しかし、サプリメントに全く危険性が無いかと言えばサプリメントにも摂取方法や用量を間違えば危険性も存在します。
とくに、ダイエットサプリなどの場合、正しい食事摂取をせずにそれのみに依存する若者が多く、消化器系に不具合が出る場合があります。
医療では薬で病気を治し、副作用の出かたを見て副作用のみを抑えたり、薬を変更するなどのコントロールによる治療が実現しているため、主作用を十分に引き出す重要なデータともなるのです。
健康食品の過剰摂取による健康被害が多いのも現実です。