ダイエット効果

| 未分類 |

食事をすると体内の血糖値が急激に高まります。同時にインシュリンが分泌され、糖を脂肪に変えようとします。そのままではその脂肪は体脂肪として蓄積され、太るもとになります。この理屈は年齢にかかわらず同じなのに、中年になると太り始める、いわゆる中年太りが起こるのでしょうか。

理由は筋力の衰えによるものと考えられます。そのため基礎代謝が落ち、食べたものが脂肪として体内に蓄えられるようになり、自然と太る体質になってしまいます。ではダイエットをする、という発想に行き着きますが、その試みをより確実に、効率よく行う工夫を考えてみましょう。

ダイエットとは、食事制限・有酸素運動・筋トレからなります。食事制限は1日のカロリー摂取量を決めてそれを守ることで、過食を防ぎます。有酸素運動は、既に蓄えられた脂肪を効率よく分解します。そして筋トレは、摂取した脂肪を効率よく代謝するために筋肉をつけるのが目的です。

食事に関して一工夫するのならば、食物繊維を大目に摂ることです。食物繊維は胃の内壁に密着しゆっくり移動するので、満腹感が維持でき、大腸に進めば内部を綺麗にする働きがあり、最終的に余分な脂肪をまとわりつかせながら排泄されますので、便通が良くなります。そしてもう一つ、インシュリンの急激な分泌を抑える役割があります。前述の通りインシュリンは食事によって増える等を脂肪に変えてしまうので、分泌自体を押さえ込めば体脂肪の蓄積は起こりにくくなるのです。