» 未分類のブログ記事

効果的な摂取方法

| 未分類 |

不足している栄養素を手軽に摂取する事ができて、便利なのがサプリメントです。
薬のようなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、これは栄養補助食品で、摂取により劇的な効果があるものではなく、飲み続ける事で、不足している栄養素を補いつつ、体質改善を目指していくものです。
ですから、継続して飲み続ける事が重要になってきます。
そんなサプリメントを摂取する際は、効果的な摂取方法を意識する事がお勧めです。
その一つが、摂取するタイミングです。
お勧めなタイミングは、食後です。
食後は、胃腸がよく動く時間で、栄養素を効率的に吸収しやすい時間帯で、この時間に摂取する事で、高い効果が望めます。
食前に飲むというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、空腹状態で摂取をすると、胃腸を傷める原因となる可能性ものあるので、タイミングを考えるのであれば、食後がお勧めです。
ただ、これは一般的な栄養補給を目的としたものの話です。
現在、ダイエットを目的とした物が増えてきています。
ダイエット効果があるものの中には、食前に飲む事で、カロリーの吸収を抑えるもの、消化を助けるものなどがあります。
そうしたサプリメントの場合は、書かれている服用のタイミングを守る事が大切です。

医薬品としてのαリポ酸についてですが、αリポ酸は疲労回復効果がある、運動をする際にいい、ダイエットの効果がある、糖尿病にもいいなどいろいろな効果があるとされています。そして医薬品にもなっています。αリポ酸は、人間の細胞の中のミトコンドリアの中にあって、生体エネルギーを生成する際に必要な補酵素です。もともと体の中にある成分ではありますが、これがなければ体は動きません。こうした栄養素はほかにもあってビタミンも同じように必要です。

エネルギーを体の中で作っているのはクエン酸サイクルと呼ばれるところで、そしてブドウ糖の消費量をあげることができるので、ダイエット効果も高いのが特徴です。また活性酸素に対しても働きかける作用があるためにアンチエイジングの効果も期待されています。医薬品の場合にはチオクト酸という名前になります。激しい肉体疲労の際のリポ酸の需要が増えたときに使われています。使用する際は注意点が書かれています。例えば効果が無かった場合には長期間使わないでくださいと書かれていますので、それがまもりましょう。インスリン自己免疫症候群になることもあるようで、突然低血糖発作が起きる可能性があるので注意しましょう。

サプリメントを摂取するときには、ほかのサプリメントとの相性はどうなのかということが気になりますよね。例えばですが、L-カルニチンはダイエットサプリとしていま人気がありますが、それと美容にも効果があるとされているコエンザイムQ10の相性はどうなのでしょうか。この二つはどちらも欠かせないアンチエイジングやダイエットに効果がある成分とされているのですが、L-カルニチンはコエンザイムQ10と同じで脂肪燃焼効果がありますし血液の流れをよくする効果があります。相性としてはもともと体の外にあったものではありませんし、もともと体の中にあったものですから、相性が悪いということはないでしょう。そしてお互いの働きを邪魔することもなく、組み合わせることで更にアンチエイジング効果も、ダイエット効果も期待できるようになります。

どちらも体の中に自然に持っている成分ですが、年々減ってくる成分です。どちらも一緒に摂取することで体にとっては元の状態に戻っていくだけですから、体に害があるということはないでしょう。だから市販されている製品を見てみるとわかるのですが、どちらも一緒に入って販売されているサプリメントがたくさんあるのです。相乗効果によって効果のアップが期待されます。

副作用ってあるの?

| 未分類 |

健康食品の摂取は日ごろの食事で取り切れない栄養を摂取するための目的として用いることが多いでしょう。
よく、薬にはリスクがあると言われます。
薬は体の疾病を治すため用いる薬剤で化学成分による薬品と漢方などの主に植物などの生薬による薬品があります。
化学薬品には強制的に体を治癒に向かわせる作用があり、短期で効果を現し、生薬である漢方薬の場合、即効性はないにせよ体質の改善を図り、再び病気になりにくい体質になるとのニュアンスが高いです。
確かに漢方薬は体に優しいというニュアンスもありますが、漢方薬にも副作用が存在します。
体質改善や健康促進、免疫力強化の側面から健康食品を摂取する人が増えました。
健康食品は化学薬品に含まれる成分が含有されず、安全性が高い健康面に配慮したサプリメントとして利用されることがあります。
しかし、サプリメントに全く危険性が無いかと言えばサプリメントにも摂取方法や用量を間違えば危険性も存在します。
とくに、ダイエットサプリなどの場合、正しい食事摂取をせずにそれのみに依存する若者が多く、消化器系に不具合が出る場合があります。
医療では薬で病気を治し、副作用の出かたを見て副作用のみを抑えたり、薬を変更するなどのコントロールによる治療が実現しているため、主作用を十分に引き出す重要なデータともなるのです。
健康食品の過剰摂取による健康被害が多いのも現実です。

効果的な摂取量とは

| 未分類 |

どんなに身体にいい食べ物でも、一日に摂ることのできる量には限界があります。野菜や果物等の食材は、食べられる量に限りがあります。栄養素やビタミン、ミネラルが沢山含まれていても、山盛りの野菜サラダを毎食食べ続けることはできません。また、消化吸収のためには、酵素や微量のミネラル類が必要なので、単一の栄養素を効果的に摂取しても、他の栄養素がなければ消化されないことが多いのです。消化されない栄養素は、いくら摂っても無駄になってしまいますし、胃腸に負担をかけてしまいます。また、消化しきれない食べ物は腸の中に宿便としてたまったり、身体中の細胞に老廃物として蓄積されます。これが便秘や肌あれ等の原因になるので、栄養の摂り過ぎで、かえって身体の調子が悪くなることがあるのです。同じことは健康食品やサプリメントにもいえます。美容や健康に効果があるからといって、沢山摂取すると消化しきれない成分が汗や便として体外に排出されるか、不純物として体内に残留します。どんなサプリにも1日の摂取量の目安があります。パッケージに記載された使用法や服用量をきちんと守って、決められた通りに使用することが大切です。持病で医者の検診を受けたり、薬を服用している場合は、摂取して問題がないかどうか、医者に確認しておきましょう。

ダイエット効果

| 未分類 |

食事をすると体内の血糖値が急激に高まります。同時にインシュリンが分泌され、糖を脂肪に変えようとします。そのままではその脂肪は体脂肪として蓄積され、太るもとになります。この理屈は年齢にかかわらず同じなのに、中年になると太り始める、いわゆる中年太りが起こるのでしょうか。

理由は筋力の衰えによるものと考えられます。そのため基礎代謝が落ち、食べたものが脂肪として体内に蓄えられるようになり、自然と太る体質になってしまいます。ではダイエットをする、という発想に行き着きますが、その試みをより確実に、効率よく行う工夫を考えてみましょう。

ダイエットとは、食事制限・有酸素運動・筋トレからなります。食事制限は1日のカロリー摂取量を決めてそれを守ることで、過食を防ぎます。有酸素運動は、既に蓄えられた脂肪を効率よく分解します。そして筋トレは、摂取した脂肪を効率よく代謝するために筋肉をつけるのが目的です。

食事に関して一工夫するのならば、食物繊維を大目に摂ることです。食物繊維は胃の内壁に密着しゆっくり移動するので、満腹感が維持でき、大腸に進めば内部を綺麗にする働きがあり、最終的に余分な脂肪をまとわりつかせながら排泄されますので、便通が良くなります。そしてもう一つ、インシュリンの急激な分泌を抑える役割があります。前述の通りインシュリンは食事によって増える等を脂肪に変えてしまうので、分泌自体を押さえ込めば体脂肪の蓄積は起こりにくくなるのです。

 

デトックス効果

| 未分類 |

αリポ酸は酵素の働きを助ける補酵素の一種で、エネルギーを生成するプロセスで重要な役割を果たしています。αリポ酸は糖の代謝を促進する作用があるので、エネルギー代謝がアップします。なので、ダイエットに効果があると言われていて、ダイエットサプリに多く配合されています。また、強い抗酸化作用があり、老化や病気などに関係のある活性酸素を除去してくれる効果もあります。体の中で活性酸素の影響を一番受けやすいといわれているのが肝臓で、吸収した酸素の50%を消費しています。なのでαリポ酸を摂取することにより、肝機能の改善や糖尿病、心臓病など生活習慣病の予防にもなります。また、抗酸化作用にはデトックス作用や免疫力を高める効果とも密接な関係があります。疲れやすい、眠れないといった体の不調は体内に溜まった毒素が原因と言われていますが、この毒素を排出しようという考え方に注目が集まっています。αリポ酸には抗酸化作用もありますが、解毒作用があるグルタチオンの生成を助ける働きがあることが分かっています。
αリポ酸の1日に必要な摂取目安量は100mgと言われていますが、これを食品から摂取しようと思うと大変なので、サプリメントでの摂取をおすすめします。

αリボ酸は、アンチエイジング効果が高く、活性酸素を効率的に除去をし、体中の代謝を良くします。抗酸化作用が高いのが特徴で、身体の中からアンチエイジングを行う事が出来ます。抗酸化作用が高いと、ガンなどの病気になりにくくなります。美容に良いαリボ酸は、健康を維持するためにも良い成分です。細胞を攻撃をしてきてエイジングを促進するフリーラジカルを抑制する機能が高く、エイジングを引き起こす成分を中和することができます。体内デトックスを効果的に高めることができ、身体の中から老廃棄物を体外に排出する力を持っています。αリボ酸は、ビタミンCやビタミンE、グルタチオンを再生してリサイクルをします。それがアンチエイジング効果や活性酸素を除去する効果、様々な病気を予防しています。日頃の食生活ではなかなか摂取することが難しい抗酸化作用の食品を、簡単に摂取することができます。野菜などを一日沢山食べるのはとても大変ですが、αリボ酸は飲むだけなので簡単に病気予防や老化防止を行うことができます。美容としてだけではなく健康補助剤としても活躍をするマルチな成分です。生活習慣病を予防するとともに体脂肪を減らす効果も持ち合わせています。

αリポ酸が抗酸化作用を発揮してくれるのは、水溶性であり脂溶性であるからです。そのため、体の隅々まで入り込むことができるために、どのような場所においても活性酸素を処理することに役に立ってくれるからです。活性酸素は人間が活動を行う場合に発生します。そのために、人間が生命活動を維持しているだけでも発生してしまうことになり、また体のどの部分においても発生する物質であるのです。
活性酸素が発生させてしまうと、その部分の細胞に対してダメージを与え始めます。その結果傷つけられた細胞のある場所はどんどん弱っていくことになり、機能が低下してしまうことになるのです。これが内臓の場合には内臓が、脳の場合には脳の機能が弱ってしまうことになるのです。
αリポ酸が強い抗酸化作用を発揮してくれるのは、体の様々な場所に入り込むことができるのです。通常の抗酸化物質よりも、多くの場所で活性酸素を除去してくれるために、抗酸化物質として優れているのです。
またαリポ酸では、一度使用したビタミンCやEを再利用してくれる働きがあります。そのため自己再生を行う場合においても役に立ってくれるために、さらに抗酸化作用を発揮してくれることになるのです。